井土ヶ谷ふじい内科|内科・腎臓内科・糖尿病内科

横浜市南区の井土ヶ谷ふじい内科

高コレステロール血症(脂質異常症)

診察の流れ

  • 再検査と程度の確認
  • 甲状腺機能低下症やネフローゼ症候群など特殊な原因がないかの検査
  • 生活習慣の改善の提案
  • 他にお持ちの病気もふまえて治療開始を検討

大事なこと

  • 高血圧や糖尿病などと同様に症状がなくても動脈硬化を進行させること
  • 経過観察や相談をして、ほうっておかないようにすること

コレステロールとは

コレステロールとは 井土ヶ谷ふじい内科
  コレステロールは、全身の細胞の膜の材料になるとても大事な物質です。男性・女性ホルモンや副腎皮質ホルモンの原料にもなります。主に悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)があります。悪玉コレステロールは肝臓から全身へコレステロールを運びます。過剰になると動脈の壁にへばりつき、結果的に動脈硬化を進めていきます。一方善玉コレステロールは、余ったコレステロールや動脈壁にへばりついたコレステロールを回収し肝臓へ戻す働きがあります。

*悪玉コレステロール(LDL)の中でもサイズの小さいものや酸化したものはより動脈硬化を進めるため超悪玉とされます。

  問題なのは悪玉コレステロールが多い場合と善玉コレステロールが少ない場合です。高度の異常でも問題となる症状は出ないことが多く、そのまま動脈硬化を進めてしまいます。高血圧や糖尿病などとともにサイレント・キラー(静かな殺人者)と言われています。 

甲状腺機能低下症(別ページ参照)やネフローゼ症候群(別ページ参照)などが原因でコレステロールが増えることがあります。

正確には脂質異常症というくくりの中に
高LDL血症・・・悪玉コレステロール(LDL)が多い
低HDL血症・・・善玉コレステロール(HDL)が少ない
高中性脂肪血症・・・中性脂肪(TG)が多い → 別ページ参照
の3タイプがあります。
*程度の差はありますが、合併することも多いです

コレステロールの異常値
悪玉コレステロール(LDL):140mg/dl以上が異常高値
善玉コレステロール(HDL): 40mg/dl未満が異常低値

悪玉コレステロールが高い場合の食事療法

  コレステロールの多いものを避ける食事療法があります。最近その効果がないという報道もありますが、悪玉コレステロールが高い方は食事療法の効果があると考えられています。 

  コレステロールの含有量が多く、よく食べるのが卵です。卵を毎日2個以上摂取する方が減らすことで悪玉コレステロール値が下がることはよくあります。他には、いかやいくら、うなぎなどで多いですが、頻回に摂取しているのでなければあまり影響はないと考えます。いわゆる肉の脂などとは異なるので注意してください。肉にも認めますが、特に多いのはレバー(肝臓)や内臓ホルモンです。

  体重の多い方では、減量をすると悪玉コレステロールが下がりますのでお勧めします。
体重過多ではない方や若年の方は、多くは体質によるものです。その他にお持ちの病気などを含めて相談し治療を検討していきます。

悪玉コレステロールが高い場合の治療

  治療薬は、悪玉コレステロールを下げる薬となります。産生を抑える薬や腸からのコレステロール吸収を抑える薬があります。

  動脈硬化に影響する糖尿病や高血圧、喫煙の有無、年齢などにより治療適応が異なります。
心筋梗塞を発症されたことがある場合はより低値になるように治療をします。

  血圧や糖尿病と比較して、内服薬の効果が出やすいです。数種類の内服薬があり、副作用の有無や効果を見ながら調整していきます。最近、注射薬も販売されました。

  お薬で下げた場合はやめると元に戻ることが多いです。つまり長期の治療になることが多く、副作用がないかの注意が必要です。一部の薬剤で横紋筋融解症といって筋肉を壊してしまう病気が有名で薬局でもよく説明されます。実際にはそれほど多いものではないですが、それ以外の副作用も含めて注意していきます。

善玉コレステロール(HDL)が低い場合の食事や治療

  善玉コレステロールを積極的に上げる薬剤も研究されたのですが期待された効果がありませんでした。そのため市販されていません。中性脂肪や悪玉コレステロールの薬で一部HDLを少し上昇させる薬はありますが、効果も少なくそのための使用はしません。

  善玉コレステロールを上げる生活習慣としては、運動と適正体重の維持、飲酒です。しかしながら飲酒による善玉コレステロールの上昇でメリットがあるというデータはありません。つまり、運動、体重管理により善玉コレステロールを上昇させることが大切です。運動には血圧や糖尿病、肥満の改善など各種のメリットがありますので、善玉コレステロール上昇作用とあいまって多くの効果が期待できます。
*全体のコレステロールが低い方の寿命が短かかったというデータがあります。そのため、治療でコレステロールを下げることを心配される方がいらっしゃいます。

癌などの大きな病気にかかって、栄養状態や全身状態が悪くなると、全体のコレステロールの値は下がります。そのような方々では元気な方より平均的に寿命が短くなります。そのため、お薬でコレステロールを下げた方の寿命が縮むわけではないと考えます。

だから、すぐに薬をというわけでもありません。状況や状態、考え方によって相談していくことが大事です。

*若年女性で肥満もなく動脈硬化に影響する疾患(高血圧や糖尿病など)や生活習慣(喫煙やコレステロール過剰摂取など)がない方々で、体質により高コレステロール血症を認める場合が多くあります。治療が長期に及ぶことを考えると、どのタイミングで治療を開始するかはとても悩むところです。
井土ヶ谷ふじい内科 
井土ヶ谷ふじい内科|内科・腎臓内科・糖尿病内科