井土ヶ谷ふじい内科|内科・腎臓内科・糖尿病内科

横浜市南区の井土ヶ谷ふじい内科

漢方

受診の流れ

  • 内服を希望する症状に関してお話を聞き、必要であれば検査を行います
  • 疾患や状況によって、漢方治療を相談させていただきます
  • 漢方を開始した場合は、効果と副作用の有無を定期的に観察していきます
井土ヶ谷ふじい内科
漢方にはどのようなイメージをお持ちでしょうか?
副作用が少ない、体質改善、なんかよさそう、のみにくそうなどでしょうか?


  日本の漢方は、中国で始まった漢方が日本に伝わり独自の発展をしてきました。漢方は、数種類の生薬を配合してつくられます。いわゆる西洋医学では病名を診断し、その治療をしていきます。症状や病気をおさえるというイメージです。

 一方、漢方は体質や病気、環境などから全体をとらえ、全体の改善を目指します。体質を改善し、時には治療になり、時には病気の予防になります。例えば冷え性やのぼせなどで病名が特定できない場合、西洋医学では体質とされ治療を考慮しないことが多いです。そのようなものでも漢方では改善が期待できます。漢方の味は、効果がある人には苦くない場合もありますが、その逆もあります。いろいろな場合があります。また、漢方はゆっくり効果が出るイメージですが、即効性のある薬剤や症状をおさえる薬剤もあります。
  西洋医学の薬でも認めることですが、効果は人により差があります。漢方も同様です。個人的にはまずはやってみようという考え方です。西洋医学の薬との併用も選択肢と考えています。

注意すること

  • 漢方は、いろいろな生薬が入っていて、そのバランスが大事です。いろいろな漢方薬をのむ場合は相談するようにしてください。ある成分が多くなりすぎると副作用が出やすいなどの弊害もあります
  • 漢方開始1-2週間後に瞑眩(めんげん)といって、一時的に症状が悪化することがあります。漢方薬の効果が出始めていると判断します。副作用の可能性もあるので相談するようにしてください
  • 漢方にも副作用が出ることがあります。定期的な検査が必要です

当院の方針

患者様の症状や体質、体力、胃腸の強さなどを聞きながら、マニュアルにそって漢方薬を提案します。
井土ヶ谷ふじい内科
井土ヶ谷ふじい内科|内科・腎臓内科・糖尿病内科