井土ヶ谷ふじい内科|内科・腎臓内科・糖尿病内科

横浜市南区の井土ヶ谷ふじい内科

認知症の自費検査

井土ヶ谷ふじい内科 説明

認知症関連の自費検査(保険適応外)

認知症関連の自費検査(保険適応外)
*それぞれの内容は下記に記載しますので参照してください。

検査内容

①軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)スクリーニング検査

軽度認知障害(MCI)は、健常者と認知症の中間の段階で認知症予備軍と考えられます。約5年で50%の方が認知症に進行すると言われています。軽度認知障害の段階で、よく人と話す、趣味を楽しむなどで脳を活性化することや糖尿病・高血圧・高コレステロール血症などの生活習慣病の予防・治療、適切な運動などをすることで、認知症の発症を防ぐことや遅らせることができます。

 この検査では、認知症の中でもアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドベータペプチドを排除する3つのたんぱく質を調べます。これらのたんぱく質の機能の低下で、結果的に認知機能低下につながると考えられています。

②APOE遺伝子検査

アミロイドベータペプチドの脳への蓄積が、アルツハイマー型認知症に関係するとされています。アミロイドベータペプチドへの防御作用の強さがAPOE遺伝子の3つのタイプで異なります。

このAPOE遺伝子検査では、APOE遺伝子型を調べることで認知症を発症するリスクを測定します。
ご相談ください|井土ヶ谷ふじい内科
お問合せはTEL: 045-334-7861
井土ヶ谷ふじい内科|内科・腎臓内科・糖尿病内科