井土ヶ谷ふじい内科|内科・腎臓内科・糖尿病内科

横浜市南区の井土ヶ谷ふじい内科

肥満症

受診の流れ

  • 肥満に伴う健康障害や病気の有無の検索
  • 他にお持ちの病気もふまえて治療の検討
  • 減量に関する相談
井土ヶ谷ふじい内科

大事なこと

  • 簡便な指標のBMIを確認しましょう
  • 肥満に伴う健康障害が出ていなくても、将来的に発生する可能性があります
  • 健康障害が出ていれば、やはり減量が必要です
  • 健康的な減量を目指して、始められることからコツコツやっていきましょう
井土ヶ谷ふじい内科

肥満症について

肥満症は、体重が多い(肥満)だけではなく、それに伴い何かしらの健康障害を合併した場合です。具体的には、高血圧・糖尿病・高中性脂肪血症・高尿酸血症・脂肪肝などの生活習慣病、体重による関節の変形(変形性関節症)や気道の狭小化(睡眠時無呼吸症候群)などがあります。生活習慣病は内臓脂肪の影響で、関節の変形は体重が多いことの影響です

検査について

適切な体重の計算には、

BMI(body mass index) = 体重kg ÷ (身長m)÷ (身長m) という指標があります。
18.5-25.0が普通体重。22.0前後が適正とされます。

適正体重= (身長m)X (身長m)×22とします。日本人では25.0以上を肥満とします。
例えば、身長170cm=1.7m、体重 75.0kgであれば、
BMI = 75.0÷(1.7)÷(1.7) = 26.0 となります
身長170cm=1.7mのため、適正体重 1.7×1.7×22=63.58kg となります。
筋肉の量などは加味されないため完全ではないですが簡便な指標となります。 

内臓脂肪の評価に腹部CT検査があります。臍の高さの内臓脂肪を算出し、100㎠以上を異常とします。

肥満症の対策

体重が多いだけであれば、問題はないという考え方もあります。しかしながらいろいろな病気を起こしてしまう可能性が高くなるため、健康的な減量をお勧めします。少なくとも合併症を認める肥満症に至っている場合は減量が必要です。
井土ヶ谷ふじい内科
体重の増減は、摂取したカロリーと消費したカロリーで決まるとされます。摂取したカロリーは主に食べたもので決まり、消費したカロリーは主に基礎代謝といって体を営むのに自然に使用するエネルギーと運動や活動に使用するエネルギーで決まります。
 単純に言えば、食べ過ぎず、よく動くのが減量の基本です。基礎代謝を増やすために筋肉量を増やすことも重要です。いろいろなダイエット法が提唱されていますが、減量後も継続できる方法でなければ勧められません。生活を戻してしまえば元に戻ることが一般的です。いわゆるリバウンドです。そのため○○ダイエットなど一つの食材に偏るものは、間違いなく勧められません。
 また、カロリーを減らしすぎることで急激にやせた場合は、やつれてしまったり、筋肉が減ってしまい体が弱ってしまいます。結果、リバウンドもしやすくなります。年齢が進むにつれて、極端なことをした場合の危険性も上がります。生活習慣病を合併している場合は、そのデータも見ながら緩徐に進めていくことをお勧めします。   
 簡単な体重管理のコツとしては、1日2回朝と夜の体重測定です。毎日測定することで、こうなると増えるのだな、減るのだなと感じることができ、さらに1日2回体重を意識することにつながります。

■運動療法

運動量に関しては、いろいろな報告がありますが、まずは始めること、続けることが大事です。1日10000歩を目標としますが、まずは現状を把握してから検討します。現在1日2000歩の方は4000歩ぐらいなどからなど相談していきます。また、すでにしっかり散歩されている方は、少しスピードを上げてみる、別に軽い筋トレをしてみるなども選択肢になります。週に1回でも、1日10分でもやらないよりは良いというデータもあり、やはりまずは始めることです。
 糖尿病や高血圧などの生活習慣病や心筋梗塞などの大きな病気を起こしたことがある患者さんの場合は、いろいろと注意することもあるので必ず主治医の先生に相談してください。ひざなどの関節障害がある方も同様に相談してください。

■薬物療法

高度の肥満にのみ適応のある薬剤がありますが副作用も多いです。他には糖尿病を合併した場合には食欲低下も期待できる糖尿病治療薬があります。いずれにしてもこれで解決というような薬剤はないのが現状です。

■手術療法

胃の縮小手術などがあります。食べ過ぎる前におなかがいっぱいと感じるようになり、結果的に体重を減量できるようになります。一部の手術では自由診療ではなく保険適応も認められました。相撲取りの小錦さんが減量手術をされて減量に成功されています。
井土ヶ谷ふじい内科 お問合せ
井土ヶ谷ふじい内科|内科・腎臓内科・糖尿病内科